花粉症の基本的は症状をおさらいして早期対策

花粉症はスギやヒノキの花粉アレルギー症状が元で、くしゃみや鼻水、目のかゆみなどの症状を引き起こします。つらい花粉症の症状を少しでも軽くしたいのならアレルギー症状のメカニズムを知って対策を立てましょう。

*

花粉症の治療薬「クラリチン」の副作用

   

花粉症の治療薬「クラリチン」の副作用は怠さ・めまい・頭痛・動悸

花粉症の治療薬「クラリチン」の副作用は、怠さやめまい、頭痛や動悸などです。長期使用する場合は、肝機能障害を起こす可能性があります。

クラリチンは、抗アレルギー薬としては第2世代に分類される抗ヒスタミン薬です。そのため、第1世代で多く見られた副作用は改善されています。改善されたポイントとしては、口の渇きや排尿障害などが起こりにくくなっているのです。

また、中枢神経への作用が非常に少ないので、食欲を増加させる心配はありません。さらに、中枢神経に作用しないことで、従来の抗ヒスタミン薬で多かった眠気の副作用も軽減されているのです。

抗ヒスタミン薬には、食欲を増進させる副作用があることから、花粉症治療薬を服用すると太るというイメージがあるかもしれません。しかし、食欲増加の副作用があるのは、あくまで中枢神経に作用する抗ヒスタミン薬に限られます。花粉症の治療で服用するタイプの薬は、脂溶性が低く脳に入りにくいのが特徴です。

ただし、クラリチンは、長期使用に伴って、肝機能障害を起こす可能性があります。長期にわたって使用する場合には、肝機能の定期検査を受けましょう。

花粉症の治療薬「ジルテック」の副作用は頭痛・怠さ・便秘・下痢

花粉症の治療薬「ジルテック」の副作用は、頭痛やだるさ、便秘、下痢です。第2世代の抗ヒスタミン薬なので、副作用は軽くなっています。

花粉症の治療薬のジルテックは、有効成分セチリジン塩酸塩を配合した抗ヒスタミン薬です。アレルギー症状を抑えるための薬で、抗ヒスタミン薬の中でも第2世代に分類されます。

ジルテックは、第1世代の花粉症治療薬で多く見られた副作用が軽減されているのが特徴です。第1世代の花粉症治療薬では、中枢神経である脳内にヒスタミンが移行するので、眠気や食欲増進などの副作用が存在します。眠気は日中の活動に影響を及ぼし、食欲増進は体重増加で太る可能性が増すのです。

しかし、ジルテックのような第2世代に分類される抗ヒスタミン薬は、脳内への移行が少ないです。そのため、中枢神経への作用で発生する副作用がほとんどありません。食欲が増していないのに太る場合、薬以外の原因で体重が増加している可能性が考えられます。

副作用の現れ方は個人差があります。同じ第2世代の抗ヒスタミン薬でも、副作用が気になる薬と、気にならない薬があるのです。自分に合う薬を選びましょう。