花粉症の基本的は症状をおさらいして早期対策

花粉症はスギやヒノキの花粉アレルギー症状が元で、くしゃみや鼻水、目のかゆみなどの症状を引き起こします。つらい花粉症の症状を少しでも軽くしたいのならアレルギー症状のメカニズムを知って対策を立てましょう。

*

花粉対策では食べ物が重要

   

善玉菌は花粉アレルギーを和らげる

善玉菌は、花粉のアレルギー症状を和らげます。善玉菌の活躍により腸内環境が良くなり腸の免疫力が高まるからです。

花粉症対策として有効な食べ物は、ヨーグルトです。ヨーグルトは、食べ物で善玉菌が多く配合されていて、一般的にも普及しています。

また、ヨーグルトは、固形のものから飲むタイプまでありますが、どちらも花粉症には効きます。ヨーグルトの中でも、LGG乳酸菌は特にアレルギー症状には効果が高いです。

また、腸内環境を良い状態で保っていなければ、花粉対策としては効果が低いです。そのため、一度に大量に食べるより、長期的に少しずつ摂取する必要があります。

サプリメントでも現在は同じ効果が期待できる商品があるので、場合によってはサプリメントを利用するのがおすすめです。

ストレスが継続的に続く生活や不健康な生活は、免疫力が低下して花粉症が酷くなります。こういった場合は、免疫力を回復させることで、花粉症も緩和します。

アルコールや高脂肪の食べ物は花粉症を悪化させる

アルコールやステーキなどの高脂肪の食べ物は、花粉症を悪化させます。

アルコールは腸内環境を崩します。また、高脂肪の食べ物は、身体の中で胆汁が増加して善玉菌が少なくなってしまい、悪玉菌が増加してしまうのです。

他には、糖類の食べ物や、カップラーメン等のインスタント食品、カフェイン飲料も花粉症には良くないと言われています。

善玉菌は腸内環境を改善しますが、悪玉菌は逆に悪くします。花粉症の症状において、「腸に良さそうな物を多く食べて、逆に腸に悪そうなものは控える」と考えておきましょう。

食事は誰でも毎日行うので、一度に食生活を変えることは難しいです。少しずつ日々の食生活を変えていきましょう。